アパレル業界をアップデートするために私ができること

時間もお金も体力もない こんな状態で、 誰が健全な未来を描けるだろうか。 かつての私がそうであったように、 この業界では 好きなことだと思って始めた仕事を 諦めたり、嫌いになったりする人が本当に多い。悲しいことだ。 そんな状況を打開したい。 アパレル業界には問題が山積みだ。 ・コピー商品 ・素材産地の高齢化・後継者不足 ・作りすぎによる在庫処分 ・労働環境 ・低賃金   これらの問題に対して、 解決をする側でありたいと思う。   解決の上で、1番大切なのは、 この業界に身を置く人たちの心の平穏だと考える。 アパレル業界に従事する人々が健全で、インスピレーションに溢れた生活を送ることができれば、 上に挙げたような問題は自然に解決していくとすら思う。   そして、受け手側に目を向けることも重要だ。   豊さの上に成り立つのがファッションだ。 洋服が売れる土壌をつくるには、豊かな大人を増やす必要がある。 私が具体的にできることは、 両者に、 生きていく上での必要な情報や、それを得るための機会を提供することだと思う。 1つは信頼できるFPと一緒に、専門職に向けた、 お金の教養講座を企画している。 ”人は持っている情報で全ての意思決定が変わる” と尊敬する経営者が教えてくれた。 本当にその通りだと思う。 そのような機会を増やすこと= 私の考えるこの業界のアップデートの方法だ。   また、同時に生活を豊かにする家着に特化した洋服と日用品のブランドを企画している。 生地やパターンにこだわり抜いた、家の定番品。 (2020年10月にローンチ予定。)   その2軸を通して私は業界に貢献したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です