きっかけは足袋ブーツ

一目惚れの経験を挙げるとしたら、 足袋ブーツとの出会いだ。 同時に、それはmartin margielaとの出会いでもある。 10年経った今も1番尊敬するデザイナーであり、 90年代のファッションを牽引した伝説的なデザイナーだ。 上質なレザーの高級感と端正なフォルム。 つま先に感じる異質。 既視感と異質の同居は、鮮烈なインパクトになり、 当時高校生だった私は完全に心を奪われた。 センシュアルでアイコニックな足袋ブーツは、 脱構築を得意とする彼によって生み出された。 この出会いの時の衝撃や胸が踊る感覚を、 提供する側になりたいと切に思う。 その感覚を忘れないために、 今でも足袋ブーツを愛用している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です